4 4月
2019

複数アカウント運用で制限(ペナルティ)の紐付けを回避できる!

Amazon、ヤフオク、フリマなどで様々な理由で複数アカウントを持ち運用している方は多くいらっしゃると思います。
規約に違反しない限りアカウントは全て使用する事ができると思いますが、1つのアカウントで何か問題が起き、そのアカウントが停止、制限を受けてしまったら、他のアカウントも全て同じ状況(停止、制限)になってしまうことはよくある話です。
一般的には停止や制限の紐付けを回避するため、氏名、メールアドレスなどの情報を変え別人として登録すると言った対策を行うと思いますが、それでも1つのアカウントが停止や制限などのペナルティを受けてしまうと、他のアカウントも同じようにペナルティを受けてしまう。
何故なのでしょうか?

他のアカウントも同時に制限(ペナルティ)を受けてしまう大きな原因とは?

原因のほとんどは『全てのアカウントで同じIPアドレスを使用している』からです。
いくら名前、住所、メールアドレスなどの個人情報を変えても、同じIPアドレスを使用していれば同一人物として紐付けされてしまいます。
IPアドレスは違うパソコンを使っても、接続場所が同じ(自宅など)であれば、同じIPアドレスとなってしまいます。
複数のアカウントをビジネスで使っている人は、1つのアカウントのペナルティで全アカウントがペナルティを受けてしまうのは死活問題です。
複数のアカウントを運用している人は、アカウントの紐付けを回避し1つ1つのアカウントが完全に独立した状態にする必要があります。
要するに、全てのアカウントを1つ1つ別人が使っているように見せ運用しなければなりません。
氏名などの個人情報は簡単に変える(偽装する)ことができますが、IPアドレスはそうはいきません。
接続する場所をアカウントごと変えれば可能ですが、非常に面倒でアカウントの数が多ければその分接続する場所の変更も多くなりますので物理的に無理があります。
ルーターの多くは再起動するとIPアドレスが変更されますが、アカウントを使用するたびに再起動するのは無理ではありませんが、これも面倒です。そして、短時間に再起動を繰り返すと故障の原因にもなりかねません。
しかもIPアドレスは変更されますがホスト(プロバイダー情報)は変更されませんので、偽装するには完璧と言えずペナルティへのリスクはあまり軽減しません
複数のアカウントを停止や制限と言ったペナルティから回避するために必要なIPアドレス変更(偽装)は
  • IPアドレスだけでなくホスト情報も変更出来る。
  • 変更したIPアドレスが一定期間使用できる。
と言うことが重要なポイントとなります。

まず思いつくIPアドレスの変更(偽装)方法とは?

ここで思いつくのは『VPN』と言うもの。
※VPNに関してはこちらをご参照ください。
確かにVPNであれば、IPアドレスもホストも変更できて一定期間同じものを使用できます。
しかし、大きなデメリットは海外のIPアドレスがほとんどで、ホストも統一されている(同じもの)が多いと言う点です。
更にVPNソフトは無料のものも多くありますが、大抵有料版にしないと全ての機能が使えません。
一般的に知られているVPNでは複数アカウントを全て日本国内のIPアドレス、ホスト情報にするにはVPNでは無理があります。
では複数アカウントを制限(ペナルティ)の紐付けを回避するために適したIPアドレス変更ソフトはあるのでしょうか??

最も適したIPアドレス変更(偽装)ソフトは!?

それが『Fallen覇王』です。
Fallen覇王なら
  • IPアドレスだけでなくホスト情報も日本国内のものに変更できます!
  • 変更したIPアドレスを一定期間使用できます!
更に設定、使用、攻略方法はわかりやすくマニュアル化してあります。
魔法の自動クリックFallen覇王は複数アカウントの運用で制限(ペナルティ)から回避するために役立つソフトです!
Fallen覇王には他にも多種多様な使い方があります。詳しくは下記をご参照ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加