18 4月
2019

Twitterでアカウントが作れない時のあるモノを使った簡単対処法

Twitterのアカウントを作ることができないとお悩みの方は
  • アカウントが凍結されてしまった。
  • 複数のアカウントを作りたい。
こんな状況ではないでしょうか?
そんな状況でTwitterのアカウントが作れない時の対処法をこれから解説していきます。

電話番号認証の回避

Twitterのアカウント登録でネックとなるのは「電話番号の認証」です。
スマホからの登録は必ず電話番号を入力し送られてきた認証コードを入力する必要があります。しかし、パソコンからの登録は電話番号を登録せず、メールアドレスだけでアカウントを作ることができます。

電話番号の認証なしでアカウント登録する方法

パソコンからTwitterへアクセスすし「アカウント作成」をクリックする。
下部の「かわりにメールアドレスを登録する」をクリックする。
名前メールアドレスを入力し「次へ
内容を確認し「登録する」をクリックする。
登録したメールアドレスに「認証コード」が記載されたメールが届きます。
送られてきた認証コードを「認証コード欄」に入力し「次へ
ログインに使用する任意の「パスワード」を入力し「次へ」をクリックして終了です。

IPアドレスの変更

電話番号の認証を回避して新しいアカウントを作成できても、アカウントが凍結されたことがあれば、新しく作ったアカウントも凍結されてしまう可能性が非常に高いです。またいくら電話番号の認証をクリアできても、複数のアカウントを作ったり、連続してアカウントを作ったりするとアカウントが作れない(ロックされる)ことが多いです。
その原因は「IPアドレスが同じものだから」です。
IPアドレスは基本的に1か所のアクセスポイントに1つだけプロバイダから割り振られるものですので、違うパソコンを使ってもアクセスしている場所が同じであれば、IPアドレスは同じになります。
電話番号の認証を回避しても、メールドレスを変更しても、IPアドレスが同じであれば同一人物と判断され制限を受けてしまいます。
IPアドレスを変更するには、一般的にルーターを再起動させる方法があります。
多くのルーターは再起動すると自動的に新しいIPアドレスが振り分けられますの。しかし、これだけではバレてしまう可能性が高いのです。
ルーターを再起動してもIPアドレスは変更してもホスト名(プロバイダー)まで変更できないからです。
(ホスト名とはこちらで表示される「お使いのプロバイダー」「あなたのリモートホスト」の部分です。)
ホスト名(プロバイダー)を変えるには、プロバイダーを他社へ変更するしかありません。
Twitterのアカウントを作るために毎回毎回プロバイダを変更するなんて...できませんよね...
しかしあるソフトを使うと下記画像のように簡単にIPアドレスもホスト名(プロバイダー)も変更出来てしまうのです。
元のアクセス情報
ソフトを使用してアクセス情報を変更
そのソフトの正体は『魔法の自動クリックFallen覇王』です!
Fallen覇王はIPアドレスホスト名(プロバイダー名)はもちろん、OS、ブラウザなどの情報も変更させる事ができます。

まとめ

Twitterは1アカウントに対して1つの情報(主にメールアドレス、電話番号、IPアドレス)が登録されます。 最近では凍結されたアカウント所有者の別アカウントに対しの処置も厳しくなっています。
凍結されたアカウントがある方は、電話番号の認証回避だけではIPアドレスを変更しない限りまた凍結されてしまう可能性が非常に高くなってしまいます。
また、Twitterでは複数アカウントを持つことを公には認めていませんので、メールアドレスを変えても、電話番号の認証を回避しても、IPアドレスを変更しなければ複数のアカウントを作成することは難しいです。
そこで『Fallen覇王』を使う事で、IPアドレスなどのアクセス情報を変更させリスクを回避しアカウントを作成する事が可能となるのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加